青の花茶の成分はこれです!

今、大注目を浴びている青の花茶についてはとても沢山の嬉しい成分が入っています。見るからにリラックス効果が期待出来そうな青の花茶ですが、一体どんな成分が入っているのでしょうか?成分を確認して青の花茶にはどんな効果があるのかも一緒に調べてみたいと思います。

 

青の花茶に入っている成分をご紹介

甜茶

甜茶は、中国から伝わってきたお茶です。昔は高級品として扱われており日本に持ち込まれることは禁止されていたほどのお茶です。砂糖を入れていないのに甘みが強いことでも知られています。

 

甜茶には、アレルギーを抑える効果があり、花粉症やアレルギー性結膜炎などの症状がある人には効果を表す飲み物です。体質改善目的で使用することも多い甜茶は、漢方の中にも入っていたりします。

バタフライピー

このバタフライピーのおかげでこのお茶はきれいな青色になっています。ハーブの花の一種であり、和名は「蝶豆」と呼ばれます。アントシアニンを沢山含んでいるため、アンチエイジング効果も期待出来ます。またバタフライピーにはリラックス効果もあったり、眼精疲労の回復を助けたりする働きもあります。

 

さらに、お茶以外にも髪や頭皮に使われることもあり、髪をつややかにしたり、抜け毛を予防したりする効果も期待できるのです。

アマチャヅル

アマチャヅルは三大疾病の癌を予防する効果があることで知られており、リウマチにも効果を表します。リラックス効果もあることから今注目を浴びているハーブの一つです。

メグスリノキ

これを感じで書くとそのまま、「目薬の木」と書きます。日本にしか存在しないことでも知られており、名前の通り、目に良いと割れています。また、成人病予防にも効果的な成分になっています。

ラフマ

こちらも甜茶と同じく中国から伝わってきたお茶です。葉っぱの部分をハーブとして使い、コレステロールや血圧を下げたり、抗菌作用や精神を落ちる貸せる作用もあります。

 

 

このように、青の花茶には沢山の成分が入っています。特にハーブの中でも精神を安定させる作用のある成分が多く配合されていることが分かりますでしょうか。青の花茶がリラックス効果があるということはこのような成分が入っているからなのです。こんなにも沢山の精神を安定させるハーブが入っているのなら確かにリラックス出来そうですね!

まとめ

青の花茶には沢山のハーブが入っていることが分かりました。青の花茶のホームページでは現代社会のストレスを解消することが出来るハーブティーと謳ってあるように、青の花茶の中には、精神を安定させる効果のあるものが沢山入っています。仕事中に落ち込むことがあったりリラックスしたい時には是非飲んでみたいハーブティーですね。

 

ペットボトルなどに入れて持ち歩けばいつでも飲むことが出来ますし、ハーブティーも個包装になっていますので、持ち運びも便利です。手軽にいつでも飲むことができる青の花茶を試してみてはいかがでしょうか。